下肢静脈瘤というのは血管が膨らんでしまったり、痛み、体のだるさ、むくみ、かゆみ、こむら返りなどを誘発させることがあります。
このことから早期の治療をされることが大切で、日常生活に支障をきたすことの無いようにしましょう。
いわゆる下肢静脈瘤は良性の病気の一つですので、治療することなく放置しがちの方も多くいます。
早期発見、早期治療が重要であり、下腿色素沈着や潰瘍形成などといった重い症状に発展することもあるのです。

 

例えば両親が静脈瘤の場合には約90%、そして片親が静脈瘤ですと45%の割合で発症すると言われています。
長時間の立ち仕事をされている方、さらに妊娠、出産などホルモンバランスが崩れた時などにも多く見られます。



下肢静脈瘤は早期発見と治療が必要ブログ:01月14日

夏は、薄着になったり、水着になることが多いので
夏までには、痩せたいと思う人は多いですよね。
冬からから始めれば、6ヶ月はあるので、
十分にやせられると思います。

しかし、なかなかシェイプアップを始めないで、
夏直前になって、「痩せなきゃ!」と焦り、
ひと月で7キロも痩せるとか、
無茶な目標を立てている人を見かけることがありますが…

みなさまなら、そんな状況になったらどうしますか?

僕だったら絶食シェイプアップですね。
ひと月で7キロ落とすとなれば、
食べないしかないですよね。

「夏まで我慢すれば良いんだから」と
自分に言い聞かせながら…無茶をすると思います。

確かに、絶食シェイプアップは
短期に痩せるだけであれば、ピッタリだと思います。
ただ、どうしても急いで痩せなきゃいけない
という理由があるときだけです。

絶食シェイプアップは、一時的に対処するだけであって、
ずっと続ける対処にはならないんですよね。

急激なシェイプアップは、
体に大きなストレスを与えますし、精神的にもきつい!!
しかも、辛い思いをしたのに、リバウンドしてしまいます。

そして、また無茶なシェイプアップ…
でも、またまたリバウンド…
これでは、完全に負のスパイラル状態!!

やっぱり、シェイプアップは、
連日、そして時間をかけて行うことで、
大きな成果を得ることが出来るんですよね。

時間がかかるので、
始めは焦りの気持ちが出てしまうと思いますが、
最終的には、やってよかったと思うはずです。

「諦めなければ、夢は叶う」んです。

もし、来年の夏までに痩せたいと思っているのであれば、
夏直前になって焦らないためにも、
今から正しいシェイプアップを始めてみてはいかがですか?

このページの先頭へ戻る