普段の仕事があまりにも忙しく、なかなかクリニックに通うことが出来ない。
不妊治療を始めることに対しても実際にクリニックに行ってみることも不安や抵抗を持っている人は多数いらっしゃいます。
仕事をしながら不妊治療を受けて赤ちゃんを授かりたいと考えている女性は非常に多くいます。
仕事の休みに合わせることができるなど、そういう方にとって、採卵日を数日でもコントロールできる治療方法はとても有益な方法なのです。

 

もし働き盛りの30代の場合、仕事や家庭、そして将来のバランスを取り後悔しない人生設計を立てたいものです。
RLC調節卵巣刺激安心リラックス採卵がそのように考える女性にぴったりの治療なのです。



不妊の治療は働きながら可能ブログ:01月20日

ハヤシライスには
スパイスや生姜・ニンニク・タマネギなどの香味野菜により
新陳代謝を高め、脂肪燃焼・発汗促進を促す効果があります。

でも、市販のルウは油分が多く、カロリーが高くなりがち…

減量中でも安心してハヤシライスを楽しむには、
調理法や食べ方を工夫すべきですね。

まず、減量中のハヤシライスは、
カロリーの低い魚介類やたっぷりの野菜でヘルシーに仕上げましょう。

具材に肉を使うときは鶏肉の皮を取り除く、
赤身の肉を選ぶなど脂身を減らす工夫をするといいですね。

そして、市販のルウを使わず、
ハヤシライス粉や複数のスパイスを使えば、
油分を大幅にカットできますよ。
市販のルウを使う場合は表示の分量の半分にし、
他の調味料で味を調えましょう。

また、
スパイスには食欲増進効果があるので、
ハヤシライスはついつい食べすぎてしまいがち…

なので、
ご飯に少し工夫加えて、
カロリーを抑えましょう。

例えば…
しらたきをご飯粒くらいに切り、
フライパンで炒ってからお米に加えて炊きます。
しらたきはノンカロリーなので、
ご飯のカロリーを減らすことができますよ!

また、雑穀米や玄米なら
白米より噛み応えがあり、
良く噛んで食べることで食べすぎを防止できます。

ハヤシライスを単品で食べると、炭水化物に偏りますので、
野菜スティックや温かいスープなどをいっしょに食べ、
バランスをとりましょう。

また、他のおかずを食べあわせることで
ハヤシライスだけの食べすぎを予防できますよ。

このように
ハヤシライスも工夫次第で減量向きの料理になります。
減量中でも美味しく食べて、
キレイに痩せたいですよね!


このページの先頭へ戻る