まだまだ新しい技術のレーシック

最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。 レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。

 

日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。





注目サイト、硝子体 手術ならおまかせ
硝子体 手術
URL:http://www.otsukiganka.com/shoushi/


まだまだ新しい技術のレーシックブログ:26-1-22

減量と言えば、基礎代謝がポイント。

基礎代謝がアップすれば、
痩せやすい肉体を作ることができます。
基礎代謝をアップさせるには、筋肉を増やすことが大切です。

筋肉を増やせば基礎代謝量が増え、
脂肪の燃焼率も良くなり、
減量効果をよりアップすることができます。
そのためには、やはり適度な運動は欠かせません。

筋肉には、
「赤筋」と呼ばれる褐色脂肪細胞と
「白筋」と呼ばれる白色脂肪細胞があります。
減量には、赤筋を増やす運動が必要です。

ジョギングやエアロビクスなどの
ゆっくりとした動きを一般的に有酸素運動と呼んでいますが、
赤筋を増やすにはこうした有酸素運動が大切です。
そこでおススメなのがストレッチなんです。

ストレッチなら、いつでもどこでも、
無理なく自分のペースに合わせて行うことができます。

もちろん、通勤途中で駅の階段を上り下りしたり、
いつもの家事に床磨きをプラスしたり…
ストレッチでなくても、
大切なことは肉体をこまめに動かすということです。

減量は続けなければ意味がないように、
ストレッチも継続してこそ筋肉もつき、基礎代謝もアップしていきます。

ストレッチは、どれも2〜3分あればできるものばかり。

でも、最初からアレもコレもと欲張りすぎれば長続きしないもの。
最初は物足りないかな?と思うくらいで十分です。

いくつかあるストレッチを連日順番に行ったり、
1週間毎に交替して、休みの日にはフルコースでやってみたり、
9時起きた時に2〜3種類、22時寝る前に2〜3種類というように
小分けにすればより効果的ですよ!

応援クリックしてね・・・プチ