"世の中のどんな業界にも悪質行為をしている業者があるもので、不動産業界でも同じように悪質な業者が存在しています。
とにかく大切なのは不動産屋の担当者が親身になって一緒に物件探しをしてくれるのかということになります。賃貸物件にいざ住むと「エアコンがきかない」「お湯が出ない」など、元々部屋に備え付けの設備にトラブルが起こることがあります。
もし何かしたのトラブルが発生した時には、早目に大家さんや管理会社に連絡をして対処をしてもらうようにしてください。

 

契約の時にもらった書類に、何かしらのトラブルが発生した時の連絡先が明記されている場合が多くあります。
かなり目立つカビ、また水漏れなどは放置をして被害が大きくなると契約者の責任ともなりますので、早目に連絡をするようにしてください。

 

賃貸物件でトラブルを勝手に修理をした場合は修理費用をもらえない場合があります。
なので自分で判断をするようなことはしないで、必ず管理会社等の指示を受けるようにしてください。"

傘立てならおまかせ
http://www.gomibako-ism.com/fs/gomibako/c/umbrellastand/



賃貸で起こりうるトラブル対処ブログ:22-1-19

子供の身体は大人よりも
エネルギーの消費量が多いので、
食事の際にしっかりと穀物を摂取していないと…

次の食事が来るはるか前にお腹が空いてしまい、
間食を食べるようになってしまう。

午前中食後の午前10時頃や、11時食後の午後3時頃は、
子供にとっては丁度、炭水化物の消化吸収が終わった辺りであり、
蛋白質や脂肪の消化吸収が始まる頃である。

その時に血糖値が下がるためにお腹が空いてしまい、
それでおやつを欲しがるということにつながる。

子供におやつを食べさせる場合、
ごく少量なら別に構わないのだが、
量が多くなってしまうと、
食事の時間になっても血糖値が下がらないので、
お腹が空かなくなってしまう…

そのため正規の食事を少ししか食べなかったり、
好き嫌いを言い出してしまう。
そうなると、栄養バランスは完璧に崩れるのである。

間食を抑止するためには、
なんといっても食事をしっかりと取らせることが重要!

無精白穀物を食べさせていると、
腹持ちがいいので、次の食事まで血糖値を維持できる。

そうすればおやつを食べたい気持ちが起きないので、
おやつ抜きでも子供は全然平気である。

しかし精白穀物を食べてしまうと、
血糖値が急激に上昇する代わりに、血糖値が急激に降下するので、
食事をしっかり食べたのに、
おやつを欲しがるようになってしまう…

精白穀物を食べている家族に限って、
その家の子供たちはお菓子が大好きなことが多いが、
それは精白穀物が引き起こす
「血糖値のジェットコースター」に
はまっているからなのである。


このページの先頭へ戻る