"地方に行けば行くほど賃貸物件の数が少ないと感じますが、実際には今は数多くの賃貸が地方にもあるのです。
さすがに都心部ほどの量ではありませんが、案外掘り出し物の物件に住むことが出来るケースが多いです。引越しを業者に頼もうと思っているのでしたら、早めに見積もりをもらっておくようにしましょう。
退去をすることを管理会社や大家さんに伝え、また電気やガスなどといったライフラインも手続きも早目に行なっておきましょう。

 

引越し中には、貴重品や掃除用具などのすぐ使用するようなものに関しては、業者に頼らずに自分で運びましょう。
どんなに小さな荷物でも退去をする部屋や新居に傷を付けてしまうこともあるので、注意をしながら素早く作業を進めていくようにしましょう。
引越しをする時には、まずは普段の生活では使わないものから早めに整理をしていくようにしてください。
引越しをする時にゴミを持っていくワケにはいきませんので、指定された日にしっかりとゴミ出しをしておき綺麗な状態で引越しをすることが大切です。"



上手に引越しをするポイントブログ:05-1-22

「ダイエットでガマンは禁物!」
この言葉は、今やダイエットの常識とも言えるくらいに
広く言われていることですし、ミー自身もそう思います。

この理由として、
「ガマンしてストレスを抱えてしまうと、
 長期的にダイエットを続けることができない」
「ストレスが増えると、代謝が悪くなり痩せにくい体になったり、
 過食と言う反動に出ることもある」
などが挙げられ、
「ガマン=ストレス」という図式が根底にあるわけです。

でも
本当に「ガマン=ストレス」なのでしょうか?
これは「思い込み」だと思うんですが…

「ストレスにならないガマンなんてありえない」
みなさん、そう思われると思います。

そりゃ、疲れた体や心に鞭打つようなダイエットでは
長続きしないし効果も限定的です。

そうではなく、ガマンを楽しめば良いと思うんです。
そのためには、ガマンをゲーム化してしまうのです。

例えば…
「夕食後のおかしをガマンした」
ということをゲームにしてみると…

「おかしを食べなかった」カレンダーを作り、
食べなかった日には花マルを付けましょう!

または、いつも使っている手帳やカレンダーの片隅に
こっそりガマンできた日にはマークをしておくのです。

もっとレベルを落としてもいいです。
チョコを2個食べている人は1個に減らせたらマルで、
1個も食べない日には大きく花マルを書くとか…

こんな風に、
ダイエットのちょっとした成功を記録するのです。
ゲームですから、できない日があっても全然OK!

ポジティブなガマンをして、
ノーストレスにダイエットを進めてみてはどうでしょう?

―地球滅亡まであと427日―